消費者金融 一覧navi

金利18%の現実

お金を借りる時には必ず見ておかないといけない事項があります。

何だか解りますか? タイトルを見て察しの良い人ならわかるでしょう。そうです、『金利』です。

過去、うちの消費者金融ガイドは何度もこういった話をしています。

借金は借金ですから、現実を見据えておく必要があるっていう当り前の話なんです。

殆どの消費者金融が初期設定にしている、金利18%について今回は少しお話しておきたいと思います。


まず、18パーセントっていう数字がどれだけのものか、ざっくり考えてみましょう。

例えば、あなたが10万円を消費者金融やカードローンで借りたとします。金利は上記の通り18%の設定です。

正確には少し値が変わりますが、この場合1年で大体1万8千円の利息を払うことになります。

返すのに2年かかったら、その2倍の3万6千円。どんどん額は上がっていきます。

(もっと詳しく計算方法を知りたい人は、こちらの記事を併せて読んで下さいね)


大体の消費者金融は、月に返済する最低限度額を低くして、利息をずっと取っていこうとします。

長く借りてくれれば、それだけ消費者金融には利益がありますから。こっちはずっと利息を払っていってるということで。

出来るだけ損しない為にはどうすればいいか、わかりますよね。

お金が多く入った時には繰り上げて返済して、さっさと借金を返してしまえば良いのです。

当り前のことですが、これが出来ない人が沢山います。千円でも多く返した方が、あなたの為になるんです。

金利18%の現実を、しっかりとその目で見て認識しましょう。それが返済の鉄則です。

SBIカード

SBIホールディングスの子会社が運営するカード関連事業の中に、SBIカードがあります。

こちらのSBIカード、結構色々な縛りがあるのが特徴です。

まず、提携金融機関の銀行に口座が無いと、カードが作れません。

銀行は、住信SBIネット銀行、三菱東京UFJ銀行、楽天銀行、みずほ銀行、りそな銀行、ジャパンネット銀行などです。

そして、1名につき1枚のカードしか作れないのも大きな特徴でしょう。作る前に、吟味して検討しないと駄目です。

年会費は無料で、ブランドはMasterCard1種のみ。ショッピングの最大年率は15%、マネーサービスは最大20%となっています。

若干キャッシングの金利が高いと感じますが、ショッピング枠だけの利用にしておけばまぁ問題ないでしょう。

カードの利用枠も、10〜50万円とやや低めです。その分と言っていいのかわかりませんが、付帯サービスは充実しています。


内容は実に平均的なカードですが、このカード会社、実は2008年に一度不祥事を起こしています。

信用情報の語登録が主な内容ですが、話を聞くと対応がややぞんざいなので、少々殿様商売をしている?そんな気にさせられます。

そんなに気にする事ではないのかもしれませんが、カードの審査も少し厳し目かもしれませんね。

2013年の消費者金融ガイド

今年も既に2ヶ月が過ぎ去ろうとしています。2013年の消費者金融について、少しガイドをしておきますね。

うちのサイトでも何度も取り上げているのでご存知の方も多いでしょうが、2010年を境に消費者金融も大きく変わりました。

正確に言えば、変わらざるを得なかったはずです。

貸金業法の改正により、グレーゾーン金利が撤廃されて、総量規制も加わり年収の3分の1以上の貸金が不可能になりました。

武富士も経営破たんしましたし、プロミスやレイクも子会社化して、「コンシューマーファイナンス」の商号で心機一転、どうにかやっています。

もし昔の"サラ金"時代の消費者金融を知らない若者だったら、金利が29.2%だったと聞いて驚くんじゃないでしょうか?

今はどこでも、高くても18%です。2013年でもこの金利は変わらないでしょう。


以前の話を踏まえて、現在の消費者金融は割と良心的になったとは思います。

利子が高過ぎて過払い状態に陥る…、というケースも少なくはなったのでしょう。2013年2月のニュースでは、消費者金融での借入れがまた増えてきたと報じられてます。


ただ、現在の若者が非常にイージーにお金を借りてしまう傾向があるのは良くない事です。

借金は借金なので、無いことに越した事はありません。いつの時代だろうがそれは一緒です。

もしこれから消費者金融でお金を借りようと思っているのであれば、しっかりと返済計画や目途を立ててから利用して下さい。
ホスティングとは
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。